お客様にも作り立ての味を

  • ほおばり揚げの話をもっと読む

目指したのはさっくりとした軽い食感でありながら、噛みしめるほどにお米の味がする煎餅

こだわりの高温で一気に揚げカラリとした食感に揚げていますが、ポイントになるのは「ホイロ」という工程です。「ホイロ」とは熱で生地を暖め、水分を蒸発させる工程のこと。この加減が、せんべいの大きさ、薄さ、食感など仕上がりを決める大きな要素になります。
生地の一次乾燥の度合いによって、ホイロの時間は異なりますし、夏場と冬場では同じ品物、同じ量でも1時間以上異なるため、職人がもっとも気をつかうところです。
生地の厚さは他のお煎餅よりもやや薄め。このため冬場は特に割れが多くなるのですが、薄い分さっくりとした仕上がりになるのです。

さっくり軽く、お米の風味も感じられるこだわりの厚さで、味付けはちょっと甘めの醤油味です。油切りをしっかり行っているので、揚げているのにさっぱりした後味に仕上がっています。
別添えの山椒塩をかけると、一層おいしくお召し上がりいただけます。
この山椒塩は山椒とお塩のバランスがちょうど良い配合になっています。また、国産の山椒を使用していますので、香りがとてもよく、残った分はそのままお料理にかけてもお使い頂けます。
揚げ油は無添加のなたねサラダ油を使用しており、鮮度のいいうちに食べて頂きたいから、賞味期限は短めです。

TOPへ戻る