冬ギフト2019
東京日和
季節限定の<千住ねぎ塩>や色鮮やかな<梅ざらめ>など、
6種類で50袋とたっぷり入った人気のお籠詰め合わせです。
みなさんで集まる機会の多いこれからの時期におすすめのギフトです。
こちらの、<東京日和>は永くお客様に愛されている詰め合わせでございます。
(個包装)
6種50袋入り 税込3,500円
東京日和-山茶花-
人気のかごに詰め合わせしたギフト東京日和。
季節限定の新商品<カレー山椒あられ>や、希少な千住ねぎを使用<千住ねぎ塩>が入った
6種類の詰め合わせ。
これからの季節ではお歳暮、クリスマス、
年末年始のご挨拶など
様々な贈りものシーンでお使い頂けます。
(個包装)
6種26袋入り 税込2,160円
江戸まつり
個別包装になったお煎餅が沢山詰まった缶入りアソートギフトです。
9種類の味が楽しめる45袋入りの詰め合わせです。
大勢の方にお配りするご用途にもおすすめですし、少しずつ色々な味を楽しんだり、
お客様へのお茶菓子など幅広く御使い頂けます。
(個包装)
9種45袋入り 税込3,325円
結花シリーズ ※写真はイメージです
糸と糸をしっかりと繋ぎ合わせる、ご縁を結ぶ
そんな思いが込められた
富士見堂の贈答品<結花 - ゆいか - >
(個包装)
22袋入り 税込1,595円
(個包装)
26袋入り 税込1,944円
(個包装)
38袋入り 税込2,592円
(個包装)
48袋入り 税込3,348円
(個包装)
58袋入り 税込4,104円
(個包装)
78袋入り 税込5,184円
六花シリーズ
六種類の煎餅、あられがひとつの小袋に。異なる味わいや
食感をお楽しみ頂ける贈答品<六花 - ろっか - >
(個包装)
5袋入り 税込1,212円
(個包装)
10袋入り 税込2,408円
(個包装)
15袋入り 税込3,510円
御歳暮
お正月を迎える事始めの日、12月13日から贈る習わしがありましたが現在では12月初め(早いところでは11月末頃)より、遅くとも20日くらいまでには届くように贈るのが一般的で関東では12月1日から12月20日頃までに贈る事が多いです。
お世話になった方々へ一年間の感謝を込めてお礼の気持ちが贈られています。
熨斗紙は慶弔事にあたり礼を尽くす気持ちや姿勢を表すものですので、内のし・外のしの使い分けには厳密な決まりはありません。
お贈りする状況により使い分けて下さい。
〈内のしが適切な場合〉
内のしは包装紙で隠れてしまうので、お渡しする時には表書きが見えません。主に内祝いに用いられます。
内祝いは「返礼品」とも捉えられていますが、もともとは「自分に祝い事があったのでお裾分けします」という意味があり、相手の慶事をお祝いする贈答品ではないため。より控えめな表現の内のしが内祝いにはおすすめです。
また、宅配便で贈答品を贈る際には、配送途中でのし紙が傷つかないように内のしがよいという考えもあります。
〈外のしが適切な場合〉
外のしは贈答品をお渡しする時、表書きが先様に見えます。
先様にどのような目的で贈ったかがすぐに伝わるため、結婚・出産祝いなどは外のしが適切といえます。
また、お中元やお歳暮などのように同じ時期に贈り物が重なる場合は、外のしは先様が誰に頂いたものかがすぐに分かるという利点もあります。