天米

詰め合わせ一覧
天米の由来
富士見堂の工房がある葛飾区青戸は、
利根川の支流沿いにあり肥沃な土壌を背景に稲作が営まれ
「江戸の米どころ」として発展してきました。
創業から70年。
中世、伊勢神宮に米をおさめる神領地「青戸御厨」もあった
米と縁深い土地の歴史に恥じないよう
代々煎餅を作り続けています。
米は自然からいただく恵の産物。
「天米—てんべい」はお米の粒を残してあり、さっくりとした食感のなかにも
米粒の食感を大切に、だしをほんのりきかせた塩味に仕上げました。
米の味・素材の味を最大限に引き立てています。
天米
北海道産の特別栽培うるち米。
ごはんとしても食べられる一等米を使用。
程よい粘り気とお米の甘さが特徴。
米油
100%国産米を原料とした、良質の植物油。
素材の味を引き立てる風味の良さが特徴。
お米が原料だからこそ煎餅とよく合う油です。
日本伝統の製造法でつくられた、
黒潮が運ぶ清らかな海水100%。
天然の干し椎茸・昆布などのだしを加えた
全体的に旨味をたっぷり含んだコクのある塩。
醤油
昔ながらの杉樽仕込みで作られた、三年醸造醤油。
大豆と小麦と天日塩のみで、通常の倍以上の仕込み期間を経て
深いコクと口当たりの良いまろやかさが生まれ、旨味が増します。
素材へのこだわり
天米
〈塩〉 10枚入り
税込 648円
〈醤油〉 10枚入り
税込 648円
〈塩〉8枚〈醤油〉 8枚 計16枚入り
税込 1,242円
〈塩〉15枚〈醤油〉15枚 計30枚入り
税込 2,320円
〈塩〉30枚〈醤油〉15枚 計45枚入り
税込 3,290円

箱のデザインについて

天米のパッケージデザインでは、
華やかな江戸風ではなく、ずっと以前の飛鳥時代〜奈良時代、
稲作が発展していった頃の日本をイメージしました。

いまでは、非常に多くの「色の呼び名」がある、日本語ですが、
古代日本においては「朱い・黒い・白い・青い」という 4つの色名のみがありました。
これらの色は、春/夏/秋/冬、東/西/南/北という意味もありました。
天地左右に印象的に配置し、
その4色をモチーフにした、シンプルなデザインです。
堂々として、それでいて上品な印象になるよう、
白い部分の光沢感などを繊細に仕上げました。

天米の箱のデザイン