今年の夏限定の味は新商品〈もろこしあられ〉や〈梅こんぶ〉が入った季節のご挨拶におすすめのギフトです。その他どれもお米の風味や素材の味わいがお楽しみ頂ける定番の味など6種類が入った季節限定のお詰め合わせです。夏を感じさせる涼しげなデザインで東京土産としてもおすすめです。
(個包装)
6種28袋入り 税込2,160円
見た目にも涼やかなデザインに、夏におすすめの〈梅こんぶ〉やあっさり塩味の〈小丸揚げ焼き塩〉など6種類50袋たっぷりとお詰め合わせしました。どれもお米の風味や素材の味をいかした味付けで、噛むほどに風味豊かな味わいが広がります。これからの季節には、お中元などの季節のご挨拶としてお遣い頂けます。
(個包装)
6種50袋入り 税込3,500円
贈り物の季節に人気の、個別包装になったお煎餅が沢山詰まった缶入りアソートギフトです。9種類の味が楽しめる45袋入りの詰め合わせです。大勢の方にお配りするのにもおすすめですし、少しずつ色々な味を楽しんだり、お客様へのお茶菓子など幅広く御遣い頂けます。
(個包装)
9種45袋入り 税込3,325円
※写真はイメージです
糸と糸をしっかりと繋ぎ合わせる、ご縁を結ぶ。そんな思いが込められた富士見堂の贈答品〈結花−ゆいか−〉。
(個包装)
22袋入り 税込1,595円
(個包装)
26袋入り 税込1,944円
(個包装)
38袋入り 税込2,592円
(個包装)
48袋入り 税込3,348円
(個包装)
58袋入り 税込4,104円
(個包装)
78袋入り 税込5,184円
六種類の煎餅、あられがひとつの小袋に。異なる味わいや食感をお楽しみ頂ける贈答品〈六花−ろっか−〉。
(個包装)
5袋入り 税込1,212円
(個包装)
10袋入り 税込2,408円
(個包装)
15袋入り 税込3,510円
お中元
関東では6月下旬から7月15日までに、旧盆の習慣がある関西などは1ヶ月遅れの8月15日までに届くように贈ります。
またそれ以降は「暑中お見舞い」(目上の方へは「暑中お伺い」)で贈ります。
熨斗紙は慶弔事にあたり礼を尽くす気持ちや姿勢を表すものですので、内のし・外のしの使い分けには厳密な決まりはありません。お贈りする状況により使い分けして下さい。
〈内のしが適切な場合〉
内のしは包装紙で隠れてしまうので、お渡しする時には表書きが見えません。主に内祝いに用いられます。
内祝いは「返礼品」とも捉えられていますが、もともとは「自分に祝い事があったのでお裾分けします」という意味があり、相手の慶事をお祝いする贈答品ではないため、より控えめな表現の内のしが内祝いにはおすすめです。
また、宅配便で贈答品を贈る際には、配送途中でのし紙が傷つかないように内のしがよいという考えもあります。
〈外のしが適切な場合〉
外のしは贈答品をお渡しする時、表書きが先様に見えます。
先様にどのような目的で贈ったかがすぐに伝わるため、結婚・出産祝いなどは外のしが適切といえます。
また、お中元やお歳暮などのように同じ時期に贈り物が重なる場合は、外のしは先様が誰に頂いたものかがすぐに分かるという利点もあります。